シイタケといえば何県?(1)

シイタケの有名な産地って何県ですか?

有名なのはそう、大分県です。

実際、大分県の干しシイタケ生産量は全国一です。(平成30年 特用林産物生産統計調査 :農林水産省)

順位 都道府県  計(トン) 
1 大分 1,038.3
2 宮崎 476.9
3 熊本 208.8
4 愛媛 163.3
5 岩手 118.6
6 静岡 102.3
7 鹿児島 71.0
8 長崎 62.3
9 北海道 59.0
10 栃木 27.9

聞くところによると、大分産にはブランド力もあり、卸段階で他県産に比べ少し高い値が付くそうです。

うらやまし~(うらめし~)

冗談ですよ(笑)。

とはいえ、実のところ干しシイタケの多くは原木栽培によってつくられたものです。

平成30年のデータによると干しシイタケの国内生産量が2634.6トン。そのうち原木栽培が2375.7トンを占めています。原木:菌床=9:1といったところでしょうか。

そんなわけで、原木栽培シイタケ≒干しシイタケの生産量は大分県が全国一ということになるのです。

ついでにいえば、九州が強いことが表からよくわかりますね。佐賀以外はすべて10位以内に入っています。また、4位に入っている愛媛は大分のすぐ隣です。

干しシイタケの栽培農家は個人が多いということを考え合わせると、技術の伝播の容易な近隣県に広がっていったため九州各県プラス愛媛の生産量が多いと考えることができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です